カントン包茎の治療はやはり手術しかない

仮性包茎ならば、その姿かたちを割り切ってしまえば包茎手術も必要ないと思います。
単にその時に自分で剥けばいいだけですから。
しかし、これが真性包茎やカントン包茎になると、事はそんなに簡単ではありません。
割り切って自分の気持ちを納得させるだけでは済まないのです。
私は当初カントン包茎は知らなかったので、自分の包茎は真性包茎だと思っていました。
自分でできる包茎治療を試してみようと思って、毎日風呂上りに少しずつ包皮を剥いていましたが、一定以上の包皮口になった時点で、それ以上剥けなくなってきました。
それを無理に剥いたときがあって、その時に死ぬほどの悲劇を味わいました。
ものすごい痛みとともに剥けたのですが、元に戻らなくなってしまいました。
焦って戻そうとしても、ものすごい痛みが伴って、尚且つ時間が経過した時に亀頭の色が変化してきました。
それ以降、自分で治療することをあきらめて、地元高松のクリニックで包茎手術を受けました。
今は、最初からそうすればよかったと思っています。

WordPress Themes